チャートパターンに基づくトレードの実践

ChartClip

逆ヘッド&ショルダー

7191 イントラストに逆ヘッド&ショルダーが完成

投稿日:

7191 イントラスト 4時間足チャート

上は7191 イントラスト(東証1部)の4時間足チャート。

2019年4月5日に、2018年12月高値と2019年1月高値を結んだネックラインを抜けたことにより、逆ヘッド&ショルダー・パターンが完成した。

ネックラインを上抜けた時の価格が485円、その後の高値Aが539円で、約11%の上昇をしている。

このパターンが失敗する場合、ネックライン後の株価の上昇が5%未満に終わるケースが多いといわれているため、この点はクリアしている。

また、高値Aの後の調整局面でも、安値Bはネックラインを下回っていないため、慎重に見ても、今回のパターンは完成していると見て良さそうだ。

逆ヘッド&ショルダーの上値目標値

逆ヘッド&ショルダー・パターンが成功した場合の上値目標値は、ヘッド部の最安値からネックラインまで垂直に計った値幅を、その位置から2倍した株価となる。

今回のケースでは、623円が上値目標値だ。

その他

7191 イントラストのチャート上には窓が存在している。上値目標値623円の情報に690~753円にある窓だ。

逆ヘッド&ショルダーの平均的な上昇幅は30%程度と言われている。今回のケースでは485円×130%=630円。上値目標値と概ね同じ水準だ。

このため、上方の窓埋めは、逆ヘッド&ショルダーに基づいた取引としては欲張り過ぎかもしれない。

上のチャートには逆ヘッド&ショルダーの他にも、ウェッジ・パターンのブレイクが確認できるので、窓埋めも期待できるかもしれないが、まずは上値目標値で確実に利益確定した方が良さそうだ。

-逆ヘッド&ショルダー

Copyright© ChartClip , 2019 All Rights Reserved.